こちらの→エンタメ全般ランキング←から韓国ドラマ好きがどれだけいるかが解ります♪
はじめての方は、まず→→このブログについて←からご覧下さい☆

スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
チェ・ジウ写真集特集☆
TOP ▲
左のカテゴリのチェ・ジウはいつになっても記事がない…そんな悩みを解決すべく。今回はチェ・ジウの写真集をピックアップしてみたいと思います。

さて、当ブログではいろんな韓国ドラマ関連を紹介しようと思ってたのですが流石に数も多いし韓国ドラマグッズのお店も多いので、当ブログで取り上げる俳優を絞る事にしました。

多くて五人。

その代わり、その五人に関しては深く掘り下げて紹介できたらなぁと思っております。

ではでは、その中のひとりチェ・ジウであります。
さっそく書いてみましょう。




4144071359チェ・ジウ
生年月日:1975年6月11日
身長:174㎝
体重:50㎏
血液型:A型
趣味:映画鑑賞・話をする事



日本人の一番好きな韓流芸能人1位に輝いたチェ・ジウ。ぺ・ヨンジュンと共に日本で韓流ブームの先駆け的存在ではないだろうか。また、日本でもファンが多くぺ・ヨンジュンを押さえ日本人の一番好きな韓流芸能人1位になったのも頷ける。

私は、韓国人の友達が何人かいる。韓国に帰ってしまい今は会えない友人もいるがみんな良い人たちだ。やはり日本と同じで、芸能人でも好き嫌いがあるのは当たり前で、日本で人気だからと言って韓国でも人気かというとそれはまた別の話である。

しかし、チェ・ジウは韓国でも人気があると言う。

それはやっぱり魅力だと思う。
最近、アジアの女優が世界で活躍している。韓国に限らずだ。
私はもともと映画が大好きで、一時期狂ったように見ていた。
だから、韓国の映画はその当時まだ流行る前で大した作品もなかったと思う。でも「シュリ」をきっかけに韓国は変わった。
作品に関しての個人的な感想はなるべく書きたくないのだけど、「シュリ」を見たとき日本映画に頑張って欲しいと思っていた私は負けたと思った。作品の出来とかではなくて、映画にあれだけの予算が組める国になったって事だ。しかもヒットした。
私は、韓国のエンターテイメントの分岐点は「シュリ」だと思う。

当然、映画に限らずドラマのレベルが上がってくるのも当たり前だ。
まだまだ、脚本のレベルや作品全体の出来は疑問を感じる所はあるがそれは観る人にとっては関係なく、面白いと思ってもらえたら良いんだと思う。漫才やコントでも、どんなにベテランでも客を笑わせられなければ終りだし、どんなに新人でも客が笑えば勝ちだと思う。

これは私の考えなのでもちろん違う考えの人を否定する気もないのでご理解下さい。
要するに何が言いたいかというと、最近のチェ・ジウに関してビビッとくるニュースがないので行数を稼ぐのに一杯一杯だって事だ。

真面目な話もすべて台無しにした所でチェ・ジウの写真集特集をやってみようと思う。
お待たせしました~(誰も待ってないかもだけど)



商品購入
チェ・ジウ1st写真集「101回目のプロポーズ」

価格:2700
発送時期:詳細参照






商品購入
●オムニバス “DRAMA〜チェ・ジウselection〜”5CD+DVD+写真集(2004/12/15)

価格:5000
発送時期:詳細参照






商品購入
●I LOVE 韓流 DVD+CD+ミニ写真集(2005/1/29)

価格:5320
発送時期:詳細参照






商品購入
cd101ドラマOSTコレクション + チェ・ジウ 写真集

価格:7164
発送時期:詳細参照







by KK



↑↑よろしければあなたのお供に↑↑


人気blogランキング←いい事あるかも?


★何かコメントがあればお願いします♪トラックバック・コメント・無断リンク大歓迎です。またチェ・ジウファンの方、よろしかったらなんでも結構ですコメント待ってます(^^)
スポンサーサイト
[2005/09/01 09:52] | チェ・ジウ | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪イ・ビョンホンの写真集特集 | ホーム | クォン・サンウ写真集情報☆≫
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kkjackal7.blog20.fc2.com/tb.php/19-6a005f37
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。